噛み合わせが気になる -噛み合わせ治療-

噛み合わせ治療

噛み合わせとは上下の歯が噛み合っているバランスのことです。歯の位置関係が崩れると、見た目が悪いのはもちろん、「噛めない」「発音しづらい」といった機能的な問題も発生します。噛み合わせが悪くなる原因はいくつかあり、遺伝やほおづえ、指しゃぶりなどのクセといったことが挙げられます。噛み合わせが気になるようでしたら、一度みずしろ歯科までご相談ください。

悪い噛み合わせが及ぼす影響

虫歯・歯周病になりやすい

虫歯・歯周病になりやすい

歯並びが乱れていると歯が重なっている部分や歯と歯の間の歯みがきがしにくく、磨き残しが多くなり虫歯や歯周病になりやすい。

発音しにくくなる

発音しにくくなる

歯と歯のすき間から息が漏れてしまい発音しにくくなる。

胃腸に負担をかける

胃腸に負担をかける

食べ物を噛み切ったりすりつぶしたりしにくくなり、しっかり噛んで飲み込めなくなり、胃腸に負担をかけてしまう。

頭痛や肩コリになる

頭痛や肩コリになる

噛み合わせが悪いとあごの位置がずれて、頭や肩がバランスを取ろうとして局所的に負荷がかかり、肩コリや頭痛といった症状を引き起こす。

顎関節症になる

顎関節症になる

あごの関節に局所的に負担がかかり、「あごがカクカク鳴る」「口が大きく開けられない」など顎関節症を引き起こす。

コンプレックスになる

コンプレックスになる

歯並びに対するコンプレックスから、笑顔に自信が持てなくなったり人前で話せなくなったりする。

みずしろ歯科の噛み合わせ治療

当院では、患者さんのお口の状態に合わせて最適な治療方法をご提案しています。歯並びや噛み合わせに問題をお持ちの方は一度当院までご相談ください。

補綴による治療 スプリントによる治療
詰め物・被せ物、ブリッジなどを用いて噛み合わせの調整をします。 マウスピースを使った治療法です。就寝時にマウスピースを装着して睡眠時の歯ぎしりを防止し、歯やあごにかかる負担を軽減させます。

先生からの一言

たとえ歯並びがよくても、噛み合わせがズレていてさまざまな症状を引き起こしている場合があります。定期検診で正しい噛み合わせであるかどうかをチェックしますので、お気軽にご相談ください。