歯が痛い・冷たい物がしみる -一般歯科-

一般歯科

虫歯の様子

「歯が痛い」「冷たいものがしみる」という症状が起こる代表的な病気は、「虫歯」です。虫歯になってしまう原因は主に4つ。「虫歯菌」「歯の性質」「糖分」「食習慣」です。この4つの原因が重なると虫歯が発生・進行しやすくなるといわれています。

虫歯になる4つの原因

1.虫歯菌(ミュータンス菌)

虫歯菌

ミュータンス菌は、生後10ヶ月から31ヶ月くらいの間にキスや口移しによって両親などから感染することがほとんど。糖分を多く摂ると菌はさらに増殖し歯面に定着して虫歯のリスクが高まります。

2.歯の性質

歯の性質

歯を形成している栄養成分の量・質などによって、人それぞれ虫歯のなりやすさは異なります。また、栄養不足や治療の繰り返しによって歯質は弱くなり、虫歯になりやすくなります。

3.糖分

糖分

ミュータンス菌は糖分を栄養にして酸を作り歯を溶かします。糖分を摂りすぎると虫歯になりやすくなります。

4.食習慣

食習慣

食後からブラッシングまでの時間が空いている、間食が多いなど、糖分が口の中にとどまっている時間が長いほど虫歯になりやすくなります。

毎日の歯みがきや食習慣の見直し、定期的に受ける歯科医院での検診で、虫歯の発生を抑えられます。

虫歯の進行段階と治療法

虫歯はごく初期であれば簡単な処置のみで治すことができますが、重度になると歯を失うことにもなりかねません。早めの治療が肝心です。

進行段階 症状 治療法

C0
【ごく初期の虫歯】

C0【ごく初期の虫歯】

歯の表面のエナメル質が溶け始め、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。

C1
【エナメル質の虫歯】

C1 【エナメル質の虫歯】

歯の表面のエナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たい物がしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

C2
【象牙質の虫歯】

C2【象牙質の虫歯】

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たい物や甘い物がしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。

C3
【神経まで達した虫歯】

C3【神経まで達した虫歯】

神経まで虫歯が進行した状態。熱い物がしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。

C4
【歯根まで達した虫歯】

C4【歯根まで達した虫歯】

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯などで失った歯の機能の回復を図ります。

虫歯治療で大事なのは「早期発見・早期治療」。もし仮に虫歯になったとしても、早期に対処できれば治療も簡単で済み、時間も費用もかかりません。虫歯かも?と思ったら、早めにご来院ください。

根管治療~神経まで進行した虫歯に~

神経まで進行した虫歯に対して行う治療が「根管治療」です。「根管」とは歯の神経や血管が通っている細い管のようなもの。根管治療では、虫歯菌に冒された根管内の神経を取り除き洗浄・消毒し、ふたたび虫歯菌が繁殖しないよう薬剤を詰めます。その後、歯の土台を入れ、被せ物を被せて治療完了です。

歯根の露出

歯根の露出の様子

神経の除去

神経の除去の様子

根管内の洗浄

根管内の洗浄の様子

薬剤を充填

薬剤を充填する様子

根管内の無菌化

根管内の無菌化の様子

被せ物の装着

被せ物の装着の様子

神経まで進行した虫歯は抜かなければいけないケースがほとんどでしたが、根管治療によって歯を残すことができるようになりました。

「歯がしみる」のもうひとつの原因、知覚過敏

知覚過敏

虫歯ではないのに「歯がしみる」のなら、“知覚過敏(ちかくかびん)”の可能性があります。知覚過敏とは冷たいものや熱いものを口にしたときなどに、しみる・痛むといった症状がでる病気。歯の表面にあるエナメル質が何らかの原因により薄くなり、歯の内側にある毛細血管を通じて刺激が伝わりやすくなることで起こります。

知覚過敏の原因

知覚過敏の原因は以下になります。知覚過敏対応の歯磨き粉やフッ素入りの歯磨き粉を使い、正しい歯みがき方法で磨くことによって症状は緩和しますが、歯ぎしりや歯周病などが原因の場合には、その原因から改善する必要があります。

  • 長すぎる・強すぎる歯みがきによる歯の摩耗
  • 硬すぎる歯ブラシの使用による歯の摩耗
  • 歯ぎしり・噛みしめによる歯の摩耗
  • 歯周病による歯ぐきの退縮
  • 酸性の飲食物の大量摂取によるエナメル質の酸蝕(歯が溶ける)
  • 過度のホワイトニングによるエナメル質の酸蝕 など

先生からの一言

「歯がしみる」「痛い」といった症状には何かしらの原因があります。放っておいてもよくなるわけではないので、我慢せずに一度相談にお越しください。

患者様の身体的な負担を軽減する「歯科用レーザー」

当院ではレーザー治療器を用いた先進の歯科治療法を行っています。従来の治療方法に比べて痛みや出血を抑えることができ、患者様の身体的な負担を大幅に軽減します。

レーザー治療の特徴

歯科用レーザー

痛みを軽減
歯周組織の表面にのみ作用するため、発熱を抑え少ない痛み・出血で治療が可能。また、痛みを伴う注射麻酔を避けられることも多く、表面麻酔や麻酔なしで対応できる場合もあります。
高い殺菌効果
レーザーの熱で虫歯や歯周病の原因菌を殺菌できるため、これらの病気の進行を抑える効果があります。また、根管治療の際の殺菌にも用いることができます。
振動や音を軽減
一般的な治療ではドリル(タービン)を用いるため、歯を削る際の「ガリガリ」という振動や「キィーン」という不快な音が発生してしまいます。レーザー治療なら、このような振動や音が苦手な方でも、安心して治療を受けていただくことできます。
高度な安全性
レーザー治療には副作用がないため、妊娠中の方や高血圧の方、心臓病を患っている方、ペースメーカーを使用している方でも安心して受けていただけます。

レーザー治療が対応する症例

1.虫歯の予防・治療

初期の虫歯ならレーザーで殺菌した後、フッ素塗布を行い、自然治癒を促します。また、レーザーには歯質を強化する作用があるため、虫歯予防にも役立ちます。

2.歯周病の治療

レーザーによる熱で歯周ポケット内の歯周病菌を殺菌し、歯周病の症状改善を促します。

3.口内炎の治療

口内炎の患部にレーザーを照射することで粘膜の細胞組織を活性化させ自然治癒を早めます。処置時は多少の痛みを伴いますが、その後の痛みは少なくなります。

4.知覚過敏の治療

知覚過敏の患部にレーザーを照射することで症状を緩和することができます。