歯の健康を維持したい -予防歯科・メインテナンス-

予防歯科・メインテナンス

予防歯科とは、お口の健康を維持するための歯科医療です。「歯医者は歯が痛くなってから行けばよい」と思われているかもしれませんが、それは間違い。確かに歯科治療を受けることで病気は治すことができ痛みもなくなります。しかし、虫歯や歯周病は一度かかると再発しやすく、治療を繰り返すことで歯へのダメージは蓄積されていき、将来的には歯を失うことにもなりかねません。いつまでも自分の歯で食事や会話を楽しむためにも、定期的に予防処置やメインテナンスを受けるようにしましょう。

予防歯科のメリット

みずしろ歯科の予防メニュー

患者さんお一人おひとりのお悩みやご要望に合わせて、最適な予防プランをお出ししています。患者さん一人に担当の歯科衛生士がつく担当衛生士制度を採用しており、患者さんのお口の状態を熟知した歯科衛生士が歯みがき指導やPMTCなどをさせていただきます。わからないことがあれば、どんなことでも聞いてくださいね。

  • 歯みがき指導
  • フッ素塗布
  • PMTC
  • 噛み合わせチェック
  • 定期検診
  • シーラント
  • プラークの染め出し
  • 生活習慣の指導
歯みがき指導

歯みがき指導

正しい歯みがき方法は、お口の状態や歯並びなどによって異なります。当院では、お口の状態をチェックして、患者さん一人ひとりに合わせた歯ブラシの選び方や歯みがき方法を指導しています。小さなお子さんの場合には親御さんに歯みがき指導を行い、ブリッジの方には、歯間ブラシも使っていただく歯みがき方法をお教えします。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯を強くする効果のあるフッ素を歯に塗布することで、虫歯を予防します。フッ素には歯の再石灰化を促す作用もあるため、初期の虫歯なら治すこともできます。ただし、フッ素塗布をしても歯磨きを十分に行わないと予防の効果はありませんので、きちんと歯磨きも行うようにしましょう。

PMTC

PMTC

歯科医師や歯科衛生士が専門機器を使用して行う歯のクリーニングです。歯磨きで落ちない歯の汚れや、歯ブラシが届かない歯と歯の間の汚れも除去できます。施術中の痛みはほとんどありません。定期的に受けることで自然な白い歯を維持できます。

噛み合わせチェック

噛み合わせチェック

歯の生えている方向や歯の萌出具合、噛み合わせなどをチェックします。問題があれば矯正治療を行います。

定期検診

定期検診

虫歯や歯周病の有無のチェック、詰め物・被せ物がはずれていないか、噛み合わせや歯の生え具合の確認など、お口全体の状態を調べます。虫歯や歯周病にかかっていても早期発見・早期治療が可能です。また、入れ歯の方は定期的にメインテナンスをすることで、いつでもぴったり合う入れ歯をつけることができます。

シーラント

シーラント

生え変わったばかりの奥歯の永久歯(6歳臼歯)には複雑な溝があり、どうしても虫歯になりやすいもの。その溝をプラスチックで埋めて食べかすなどが溜まらないようにして、虫歯を予防します。

プラークの染め出し

プラークの染め出し

赤い染め出し液を口に含んでプラーク(歯垢)を染色し、プラークが残っている箇所を調べます。プラークの染め出しをすることで、磨き残しの箇所を目で確かめることができ、毎日の歯みがきに役立てることができます。

生活習慣の指導

生活習慣の指導

健やかな口腔内環境を保つために、食事や歯みがきのタイミング、食事のとり方など生活習慣のアドバイスを行います。

先生からの一言

歯医者は「病気になってから行くところ」ではなく、「健康な状態を維持するために行くところ」。6ヶ月に一度は定期検診を受け、健やかな口腔内環境を保ちましょう。ブリッジや入れ歯の方も不具合がないか定期的にチェックにお越しください。