歯を白くしたい -ホワイトニング-

ホワイトニング

食べ物や飲み物による着色や、加齢や遺伝などによる黄ばみ・くすみを解消し、歯を白くできるのが「ホワイトニング」です。歯を削ることなく薬剤によって自然な白い歯にできることから、多くの方に選ばれています。歯みがきでは取れない歯の黄ばみにお悩みの方、結婚式などのイベントに備えて歯を白くしたい方におすすめです。

みずしろ歯科のホワイトニングメニュー

当院では、歯の黄ばみやくすみの原因を追究したうえで、原因に応じて以下のメニューのなかから最適な方法をご提案しています。キレイな白い歯を取り戻したいとお考えの方はぜひご相談ください。

種類 特徴
オフィスホワイトニング 歯科医院で行うホワイトニング方法です。高濃度のホワイトニング剤を歯に塗布し、特殊な光線を当てることで薬品を反応させて歯を白くします。1回あたりの効果が高く、短時間で歯を白くできます。ただし、色の後戻りが早い傾向があります。
ホームホワイトニング 歯科医師の指導のもと、患者さん自身がご自宅で行うホワイトニングのことです。歯科医院で作製した専用トレーに薬剤を入れ、それをお口に装着することで歯を白くします。効果を得られるまでには2週間程度かかりますが、長期間、歯の白さを持続させることができます。
ウォーキングブリーチ 虫歯で神経を抜いてしまった(根管治療を行った)歯は、徐々に黒ずんできてしまいます。その黒ずみを取ることができるのが「ウォーキングブリーチ」です。神経を除去した穴に過酸化水素と過ホウ酸ナトリウムを混合したホワイトニング剤を注入し、歯に浸透させて白くします。3~5回ほど処置を繰り返すことで、徐々に歯を白くできます。
エアフロー 水と超微細なパウダーをウォータースプレーで吹き付けて、歯の表面の汚れを取り除く処置です。タバコのヤニやコーヒー、紅茶、ワインなどによるしつこい汚れをしっかり落とし、歯の本来の白さを取り戻します。汚れを吹き飛ばす処置ですので、歯の本来の色以上の白さにすることはできません。

ホワイトニングの注意事項

  • 口腔内環境によっては十分なホワイトニング効果が得られないことがあります。あらかじめご了承ください。
  • マウスピースを装着したままの飲食はお控えください。
  • 妊娠中の方にはホワイトニングをおすすめしていません。
  • 歯にヒビが入っていたり、虫歯があったりすると施術できません。治療を優先して行います。
  • テトラサイクリンという抗生物質の服用による歯の変色は、ホワイトニングでは対応できません。その場合、審美治療が必要になります。
  • ホワイトニング中は色の濃いものの飲食や喫煙は控えてください。
  • ホワイトニング後は定期的なメインテナンスを受けましょう。

先生からの一言

患者さんお一人おひとりのお口の状態に合わせた処置方法をご提案しています。歯の色でお悩みの方は一度ご相談ください。